トップ / インプラント歯周炎とは

インプラント治療:術後のケア

単純な虫歯の治療とは違い顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療は、見た目の美しさを重視した審美歯科治療ということですが、保険適用がされるようになった治療です。少しでも長く快適に使うためには、治療後のアフターケアが大変重要となります。もしメンテナンスが十分でないと「インプラント周囲炎」という歯槽膿漏に似た病気にかかることがあります。初期段階では自覚症状がありませんので、予防するには定期検診をきちんと受ける必要があります。メンテナンスしだいで寿命が違ってきますので、半年から1年に1回の定期検診はもちろん、自分の歯と同じように正しい歯磨きでプラークコントロールを心がけましょう。

ごぼう

術後のアフターケアはしっかり

入れ歯などよりもメンテナンスが簡単で、一般にも浸透しつつあるインプラントですが、術後のアフターケアをしっかりしないとトラブルが起きやすいことはあまり知られていないかと思います。この治療は顎の骨に穴を開けて土台を埋め込み、その上に義歯を装着する手術です。当然、元の自分の歯と同じようには扱えません。特に粘膜部分との接着が元の歯と比べて弱いため、感染症が起きやすいからです。インプラント手術後の感染症を未然に防ぐには、毎日の歯磨きなどの手入れが欠かせません。また、早期発見をするためにも定期的に歯科にかかる必要もあります。こうしたアフターケアを怠ると、最悪の場合義歯が脱落したり、周囲炎に罹って義歯の喪失にも繋がりますので、治療後もご注意を。

インプラントの技術情報