トップ / インプラントに必要な検査

インプラントはレントゲンが必要

インプラントは虫歯にはならず歯槽膿漏と同じような症状になることはあります。これは噛み合わせの異常による過剰な負担がありそれを放置した状態で治療すると、同じ症状を繰り返す可能性もあります。その為に術前の口腔内の検査では歯槽膿漏や虫歯、歯周炎の有無から粘膜や骨についても状態を把握します。又、歯の下にある骨の状態を確認することが大事です。外からでは盛り上がっていても下の骨が薄いということも多いからです。その為には骨の質と量の状態を掴む為にレントゲン検査や歯科用CT検査はインプラント治療前に必要になります。

インプラントで固い物も咬める

歯が無くなった場合の治療には、取り外しが可能な義歯治療、ブリッジ治療、それと、自分の歯と同じ感覚で固い物を食べる事ができ、残っている歯に負担をかけずに治療を行なう事ができるインプラント治療があります。これは、歯の無い部分の顎の骨に人工歯根を埋め人工歯根に義歯をつけます。1本から全て無くなった場合まで対応できます。ただ、手術が必要になりますので、健康状態が悪い場合は治療が難しく、治療が長くかかり、高額です。しかし、固い物を食べる事ができ、他の歯に負担をかけない良い方法でしょう。

インプラントの技術情報